シアリスジェネリック

シアリスジェネリック/36時間効果を実感してください

シアリスジェネリック・ジェネリック普及

少子高齢化を反映して、日本の社会保障費は2013年までの20年間の平均で、毎年2.7兆円づつ増えているそうです。

 

一方、同じ期間における社会保険料収入は毎年0.8兆円しかないため、毎年2兆円弱の赤字決算になっています。

 

この赤字は、国と地方の一般会計からの補助で賄われるのが原則ですが、政府の税収は経済の停滞によりあまり増えていないのが現状です。

 

実際、社会保障給付が増えた分は国債の発行で埋めているんです。

 

 

2012年度の医療費の合計は35兆円でしたが、2025年度にはおよそ54兆円まで膨らむと推計されています。

 

このままでは、制度そのものが維持できなくなってしまう恐れが出てきています。

 

社会保障給付の中でも、医療費の抑制は待ったなしの状況なんですね。

 

抑制策のトップに挙げられているのが「後発医薬品の利用拡大」、いわゆるシアリスジェネリックなどの「ジェネリック薬」のシェアを上げていこうと言うことなんです。

 

厚生労働省はシアリスジェネリックなどのジェネリック薬のシェアを80%にする事によって、年間1兆3000億円の医療費削減効果が見込めると試算しています。

 

ちなみに、平成25年9月の薬価調査に基づく集計値によると、現在のシアリスジェネリックなどの後発医薬品の数量シェアは46.9%にとどまっています。

 

欧米などでは、シアリスジェネリックなどのジェネリック薬が発売されると1か月後には80%以上のシェアになる事も珍しくないということなんです。

 

厚生労働省は、平成25年4月に「後発医薬品のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、その中で「平成30年3月末までに、後発医薬品の数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げシアリスジェネリックなどのジェネリック薬の使用促進のための施策を進めています。

 

シアリスジェネリックなどのジェネリック薬の詳細は次のページから説明していますので覧ください。

シアリスジェネリックの特徴

ジェネリック医薬品とは新薬(先発薬)の特許期限が終了した後に、名前を変更してほぼ同じ成分で製造された後発薬のことを言います。

 

先発薬ほど、開発費や時間を必要としないで製造されることから、先発薬より安価で販売されています。

 

 

シアリスジェネリックの大きな特徴は、食事の制限を受けない事です。

 

バイアグラは食事をする前の空腹時に飲まないと効果を発揮しませんが、シアリスジェネリックは食事をしてからでも飲むことが出来るため、パートナーとゆっくり食事を楽しんでから飲んでも何の問題もありません。

 

シアリスジェネリックは、今までed治療薬と言えば「バイアグラ」と言われていた、いわば王者の牙城を奪いつつある「シアリス」のジェネリック薬です。

 

成分はシアリスと同じく、タダラフィルという長時間効果が続く成分が配合されています。

 

勃起を助ける効果はバイアグラが4時間に対して、シアリスジェネリックは 36時間と、実に9倍もの持続時間の差があります。

 

週末の土曜の夜にのむと効果は月曜の朝まで続くところから、欧米では「ウィークエンド・ピル」と呼ばれて愛用されています。

 

バイアグラのように、セックスのタイミングを計って薬を飲まなくてよく、薬を持ち歩く必要もないんです。

 

このように、たくさんのメリットがあるシアリスの効果をそのままに、ジェネリックの魅力である価格の安さを兼ね備えているのがシアリスジェネリックです。

 

実際週刊誌でもシアリスの特集が組まれるほど認知度が高まっており、ed治療薬と言えば「シアリス」と言われるようになっていくでしょう。

 

いまの所、シアリスジェネリックは海外からしか手に入らないので、「個人輸入代行業者」に依頼して購入することになります。

シアリスジェネリック通販

「薬を通信販売で購入するのは何か不安」と考えている人は結構多いのではないでしょうか。

 

しかし、よくよく考えてみると、私たちが毎日食べている食材のほとんどは外国からの輸入品なのに、死亡事故や食中毒などはほとんど発生してはいませんよね。

 

その理由は、日本の厳しい食品基準が、輸入品を選別しているからなんです。

 

ジェネリック医薬品も、海外から輸入する薬については、厚生省の基準に適合しているものしか「正規品」として販売できません。

 

なので、「正規品」であれば安心して使用できる訳です。

 

 

シアリスジェネリックを購入する際に最も注意をしなければならないのが、正しい個人輸入代行業者の選択なんです。

 

このサイトで紹介している業者は、すべて「正規品」のみを販売している業者なので、安心して購入できます。

 

シアリスジェネリックを購入するには、個人輸入と言う方法で海外から購入することになります。

 

一般的には、手続きの煩わしさなどもあり、個人の輸入手続きを代わりにしてくれる「個人輸入代行業」から購入することになります。

 

ここで気を付けなければいけない事は、個人輸入代行業者の全てが、誠意をもって「正規品」のシアリスジェネリックをを販売してはいないと言うことなんです。

 

 

いわゆる「偽造品(ニセモノ)」を販売している業者がかなりの数にのぼると言う事実があるんですね。

 

製薬会社が調査したところ、インターネットの通販で出回っている薬の6割は偽造品であったとの報告があるくらい、大量の「ニセモノ」が流通しているんです

 

偽造品を作っている工場は、衛生管理もなされていない劣悪な環境なので、薬の中に何が紛れ込んでいるかわかりません。

 

薬は身体の中に入るものなので、思いもよらない副作用が発生する可能性があります。

 

個人輸入代行業者の選択は、とても重要ですね。

シアリスジェネリック副作用

バイアグラに比べて長時間効果が持続するシアリスは、成分が体内に浸透する時間がゆっくりなので、副作用も穏やかです。

 

お酒を飲むと、顔が赤くなり、お酒に弱い人は心臓の動悸が激しくなりますよね。

 

それと同じように、ED治療薬には特に飲み始めの時期に顔の火照りや頭痛などの副作用が出ることがありますが、タダラフィルを成分にするシアリスはこのような副作用が比較的少ないのが特徴です。

 

 

したがって、シアリスのジェネリックも比較的副作用は少ないと言えます。

 

一般的に性行為は心臓に負担を掛けますので、今まで狭心症と診断されたことが無い方でも、発作を起こす可能性があります。

 

言いにくいことかもしれませんが、出来る限りパートナーやご家族にもあらかじめシアリスジェネリックを服用していることを伝え、救急医療機関を受診する際には、医師などに「シアリスジェネリックを服用している」事が必ず伝わるようにしておくことが必要ですね。

 

 

最も気を付けなければならないのは、狭心症などの心臓病によく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤を使用している方は、シアリスジェネリックを服用してはいけない事です。

 

もし誤って服用した場合は、急激に血圧が下降し、重い副作用を起こすことがあります。

 

硝酸剤には飲み薬だけではなく、舌下錠、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、 スプレーなどもあるので、注意が必要です。

 

もし、心臓の薬を服用している場合は、使っている薬に硝酸剤が含まれていないかどうか医師または薬剤師に相談してください。

 

シアリスジェネリック製薬会社

シアリスジェネリックを製造しているのは、主にインドの製薬会社です。

 

インドの製薬産業は世界的に見ても急成長を遂げています。

 

なぜインドの製薬産業が急成長を遂げているのでしょうか?

 

 

インドと言えば、IT立国として世界に知られるようになりましたが、化学も強く、製薬会社で博士号をもつ技術者が多数座席しているんです。

 

そのため、高品質の薬をよりシンプルな方法で安価につくる技術力があり、ベンチャー企業も盛んで、国を挙げて研究を支援しています。

 

たとえば、先進国の製薬工場が10回の化学反応でつくっている薬を7回の反応で完成するように改良して行程を短くしてコストダウンをはかります。

 

また、日本や欧米では多額の費用がかかる治験も、インドでは比較的安く実施でき、人口が多いため患者も集まりやすい。

 

 

さらに、人件費が安いことから経費があまりかからずに済みます。

 

何と言っても最大の強みは、インド独特の特許制度でしょう。

 

先進国では、薬について、あらゆるつくり方を保護する「物質特許」が主流ですが、05年以前のインドでは、物質特許を認めず、先進国の製薬会社が特許をもつ医薬品と同一成分の薬を作っても、製造法さえ違えば国内では特許権の侵害にならなかったんですね。

 

その結果、多くの製薬会社が価格競争をして、ジェネリックをインド国内や途上国向けに販売し、先進国に対しても、特許が切れた直後から安価で高品質なジェネリックを輸出できました。

 

しかし、95年に世界貿易機関(WTO)が発足し、インドは「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定」(TRIPS協定)で先進国と同様の特許制度を求められました。

 

10年間の猶予の後、05年の改正特許法で医薬品の物質特許が導入されたんです。

 

インドも、自ら新薬を開発して特許を取得し、先進国と競う時代に入りつつあるんですね。

 

それでも、インドの安価なジェネリックに頼っているアフリカなどの途上国は、制度が変わって薬価が高くなると国の財政自体が破綻してしまう恐れがあるので、先進国としてもあまり強硬に出られないのが現実のようです。

シアリスジェネリック・ソフトタブレット

ed治療薬シアリスジェネリックには、飲むタイプだけではなく、舌の下に薬を挟み込むタイプの「ソフトタブレット」もあるんです。

 

舌下タイプの特徴は、直接粘膜から吸収されるため、有効成分の吸収速度が速く、効果が現れるまでの即効性があるのが大きな特徴です。

 

その作用時間は、服用から15分で効果が実感できるため、使用者の方からの支持が大きいんです。

 

有効成分はシアリスと同様にタダラフィルなので、シアリスの最大のメリットである「長時間効果」と「食事にあまり影響されない」ことはそのまま持ち続けています。

 

陰茎の血流を良くすることによって、健康的な勃起を促し神経や血管に問題のある器質性勃起不全に加え、心因性の勃起不全にも効果を発揮してくれることから、シアリスソフトタブレットジェネリックは、幅広いedの症状に対応するお薬として、注目されているんです。

 

シアリスのジェネリックですので、シアリスと同様のed治療効果は認められますが、局所に効果が集中するタイプなため、性欲を増進する作用はなく、いわゆる「精力剤」ではないんです。

 

ごく自然な性的刺激に反応するようにつくられているED治療薬のため、シアリスソフトタブジェネリックもまた、自然なセックスを楽しむうえで効果的なんです。

 

人によっては、薬を飲みこむことが苦手な方もいますし、高齢になってくると薬を飲みこむ能力も低下してきますので、「シアリスジェネリック・ソフトタブレット」は選択肢の一つとして魅力的な商品だと思います。

シアリスジェネリック・インド

シアリスは特許期限が満了していないため、本来であればジェネリック薬の製造は出来ないはずなんです。

 

シアリスが2003年発売なので、そこから20年〜25年前後と言う事になります。

 

最も早く期限が満了しても2023年年ですから、当分先になるはずよね。

 

ところが、「タダシップ」などのシアリスのジェネリック薬が実際に販売されています。

 

これらのシアリスジェネリックは、ほとんどがインドの製薬会社で製造されているんです。

 

なぜ、インドの製薬会社だけが特許が満了する前に、ジェネリック薬を製造できるんでしょうか?

 

それは、「1970年特許法」と言われているインド独自の特許制度が関係しているんですね。

 

「1970年特許法」とは、医薬品を含む食品・化学品などに対して「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用したインド独自の法律なんです。

 

少し難しいんですが、製造方法さえ変えれば新薬と同じ成分(物質特許)の薬を製造することができ、特許使用料を払わずに、欧米先進国の医薬品メーカーが開発した医薬品をジェネリック薬として合法的に生産することが出来る法律なんですね。

 

資金が常に不足している「国境なき医師団」やアフリカなどの発展途上国では、低価格のインド製ジェネリック薬は必要不可欠なものになっています。

 

しかし、さすがに欧米の製薬会社もこの法律には猛反発して、WTO(世界貿易機関)に圧力がかかった(と思われる)結果、インドに対してWTOから2005年以降は「物質特許」制度を採用するよう、TRIPS 協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)を遵守することが義務づけられたんです。

 

この影響はインドにとって大きなものですが、インドの大手GE 薬企業も外国に販売市場を求め、外国のGE 薬専業製薬企業に対するM&A を行うなどして、生き残りを模索しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ